中学受験をするために学校授業だけでは不足です。補うたまに、学習塾・家庭教師・市販問題集と幾つかの方法があります。一番よく取れている手段が中学受験専門の学習塾に通う方法ですが、付近に学習塾がなかったり、送り迎えができなかったり、他の習い事や地域行事のために時間が合わないなどの場合は、家庭教師を雇う方法がとられます。学習塾と合わせて利用される家庭もあります。 家庭教師は、子どもの習熟度に合わせ学習を進めることができます。学習塾では、地年間カリキュラムに合わせ授業を進めていきますが、一人一人の子どもの習熟度は、十人十色です。ある単元はすぐに理解でき、ある単元は判りにくい、といったことがあります。科目別にも苦手科目があれば、もう少し苦手科目を教えて欲しい、という要望も出てきます。それらのニーズに応えることができるのが家庭教師です。 ここで気を付けたい点があります。教師自身の熱意と熟練度です。教師には熱意と教えるスキルが必要です。個別指導の弱点は、居心地の良さです。居心地良く、甘んじてしまう可能性があります。最初の授業時に。知識・経験・中学受験に対する考え方・教師自身の学習経験などを聞き、講師の資質を見極め、その後も学習の進捗状況を確認しておく必要があります。