中学受験において家庭教師を選ぶ最大のメリットの一つは、講師との相性を確認できるという点です。
学習塾での講義の場合は、体験授業で講義を見学したり事前の面談で講師の能力や性格をある程度見ることができます。
しかし、いざ入塾してみると子供とあまり相性が良くなかったという場合もあります。
また、毎回の講義を見れるわけではないので、そもそも自分の子供に合わないことに気付くことも困難です。
その点、家庭教師は自宅での講義になりますから、講師の指導を直接見て自分の子供に合っているかどうかを判断できます。
中学受験で家庭教師をつける保護者の中には、講義を親の目が行き届くリビングで行ってもらったり、子供部屋のドアを開けたままにして講義をし、常に指導内容や子供とのやり取りを確認できるようにするという対策をとっているケースもあります。
中学受験は、まだ学習スタイルが確立していない小学生が取り組むものです。
そのため、講師の技術や指導のスタイルが、その後の子供の学習習慣に大きく影響すると言っても過言ではありません。
自分の子供の性格や能力に合った講義をしてもらえるかを慎重に判断するためにも、中学受験の場合は家庭教師を選択し、相性の良い講師についてもらうことが重要です。