中学受験の準備のためには、受験専門の集団塾を利用するのが一般的な方法です。
その一方で、集団塾の場合には、決まったカリキュラムに基づいて、授業がどんどん先に進んでいきますので、個人のペースや苦手分野などは考慮されることがありません。
そのため、理解があいまいなまま授業が先に進んでしまい、苦手部分となってしまうことがよくあります。
そんなときにおすすめなのが、中学受験向けの家庭教師の利用です。
家庭教師を利用することで、苦手部分にターゲットを絞って学習することができます。
ポイントを絞って学習することで、短い期間でも効果的に弱点を克服することができます。
中学受験の終盤では、得意な科目や分野で得点を伸ばすのが難しくなってくるものです。
その一方で、苦手な分野を克服することができれば、確実な得点源とすることができますし、得点を上乗せする効果はとても高くなります。
家庭教師を利用する際に注意したいのが、入試の直前に依頼しても、弱点克服が間に合わないこともあるということです。
また、評判の良い家庭教師は、早い段階でスケジュールが埋まってしまうことが多いため、スケジュールには余裕をもって早めに依頼することが大切です。